簡単レシピTOP ≫  食材の冷凍・保存法 ≫  ドライ野菜(干し野菜)の作り方

ドライ野菜(干し野菜)の作り方

ドライ野菜干し野菜)作りにハマッテます。
NHKで夕方の番組で見たのですが(番組名忘れちゃった)

ドライ野菜(干し野菜)は、基本的には何でもOKなんですって!
切干大根、ドライトマト、干し芋などは定番ですが。
(かぼちゃ、人参、しいたけ)などは、分かる気がしますね。

キュウリやピーマン、大葉、レタス、なす、ゴーヤなど
殆どの野菜が、ドライ野菜する事が出来るそうです。
               電子レンジでチンするだけで食べれるドライ野菜

ドライ野菜(干し野菜)は、昔から農家などの、野菜を保存方法!

しかも、栄養も凝縮されるそうです。
ビタミンCは、ドライ野菜にすると損なわれるが、他の栄養素は倍以上!!
味も濃くなり、甘さも増すそうです。

お庭が広い場合は、大きな板に野菜を並べて干す♪
団地やマンションのベランダでも、ドライネットで、簡単に出来ちゃうんです!
テレビを見て、早速、楽天市場で探してみました、800円でありました。

魚用と野菜用と二つゲット!魚はサンマが安いので干物にしています。
網目が細かいので、虫も気にならないです。

残り野菜を気楽に入れて、干せるので野菜の無駄防止
ドライ野菜は、節約にも役に立っています。


清潔に食器や食品を保管できる万能ドライネット M

■ドライ野菜(干し野菜)の作り方
◎ドライネットを使用しないで庭に干す場合
・野菜は2p位幅に切り、断面を太陽の方に向けて干す
・午前9時位〜午後3時位の目安で干す
(それ以外の時間は、家の中にしまう)
・固い野菜は、3日干し、葉は2日位(様子を見ながら干す)
・天気予報を見て、3日天気が続く時に干し始める

◎ドライネットを使う場合
・野菜は、天日干しより陽が当たりずらいので、薄く切る
・午前9時位〜午後3時位の間に干す
・干し最終日に、干し具合いが心配な時は扇風機に当てる
・マンションなど室内の湿気が心配なので、作ったら早めに食べる
・袋に入れた際は、乾燥剤を入れると良い
・冷凍保存をするとより安心


ドライ野菜(干し野菜)のスープ!
2日〜3日も干さないで、3時間位サッと干して、作る簡単レシピ♪
栄養満点のスープが短時間で調理できる!

なすやピーマンを干して、味噌炒めも作ってました。
甘さがあるので、砂糖なしの味噌だけの味付けでしたよ!!

注意!ドライ野菜(干し野菜)は食物繊維が豊富になる!
胃腸に負担をかけるので、小鉢1位を目安に食べると良いそうです。

干し野菜のおいしいレシピ

農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵
<スポンサードリンク>
季節の料理レシピ
 はなまるマーケット冷うどんレシピ
(サラダ冷やしうどん ジャジャ冷やしうどん カレーつけ麺冷やしうどん) 
mom_baby003.jpg簡単レシピが大好きな3人の男の子のママです。テレビで放送される簡単料理を、日常の食事にアレンジして楽しんでいます。男子4人の家庭なので、食費も悲鳴を上げている状態ですが、節約レシピ情報が助かっています♪
お問い合わせはこちらへ
lala77@auone.jp
Reference・Site Links
お取り寄せはぐるなび食市場で!
Copyright (C) 簡単レシピ. All Rights Reserved.