簡単レシピTOP ≫  おしゃべりクッキングレシピ

おしゃべりクッキングレシピ

しめさばとキノコのおろし和え

おしゃべりクッキングの今週のテーマは簡単スピードメニュー!
ゲストの安達祐実さんは出産されてから、どんどん綺麗になりますね。
しめサバキノコのおろし和え」と言う簡単レシピ♪
きのこ類は秋の味覚で旬ですが、しめサバを使うってかわってますね。でも意外に安いので節約料理にもなるかな?

■しめサバとキノコのおろし和えレシピ
材料:
しめサバ半匹  マイタケ100g  シイタケ4枚 アスパラ2本 酒大さじ1
(薬味)大根(おろす)1/4本 ポン酢適宜 青ネギ(小口切り)1本
一味トウガラシ、塩、油適量

作り方:
1.しめサバは強火で熱したフライパンで皮目を焼き、7mm幅に切る。
2.マイタケは大きな房に分け、シイタケは半分に切り、アスパラは3cmの長さに切る。
3.フライパンに油を熱し、きのこ類を炒め、酒を加えて蓋をし、中火強で火を通し、しんなりしたら塩をふってボウルに取り出す。
4.(3)に(薬味)の材料を混ぜサバを加え器に盛り、一味トウガラシをふる。
■以上がしめサバとキノコのおろし和えレシピでした。

しめサバとキノコのおろし和えレシピのポイントは?
しめサバは強火で熱したフライパンで、皮目だけを香ばしく焼く事で生臭さがとれるようです。
野菜は炒めてから、酒蒸しにして火を通すそうです。
お酒のおつまみに良さそうな一品ですね。

上沼恵美子さんのコメントは、「あっと言う間にできましたね。高級感がある和え物ですね。サバの臭みが全然なくて、いいところだけ残ってますね。マイタケの歯ごたえがいい。アスパラも素材の味が残ってます。しめサバ(の皮)をちょっとあぶると、こんなにおいしくなるんですね。」

安達祐実さんは美味しいを連発してましたね。
本当に美味しそうに食べてました。
今迄、使えなかった食材が使える様になったと嬉しそうでした。

調理中に上沼恵美子さんと先生のトークで、舞茸の話しになり、舞茸は「きりきり舞いするから舞茸と言うらしいです」には思わず笑ってしまいました。
先生は「食べたら舞い踊るから舞茸とも言うんですよね」との事ですが、野菜の名前にも由来があるんですね。


<スポンサードリンク>
季節の料理レシピ
 はなまるマーケット冷うどんレシピ
(サラダ冷やしうどん ジャジャ冷やしうどん カレーつけ麺冷やしうどん) 
mom_baby003.jpg簡単レシピが大好きな3人の男の子のママです。テレビで放送される簡単料理を、日常の食事にアレンジして楽しんでいます。男子4人の家庭なので、食費も悲鳴を上げている状態ですが、節約レシピ情報が助かっています♪
お問い合わせはこちらへ
lala77@auone.jp
Reference・Site Links
お取り寄せはぐるなび食市場で!
Copyright (C) 簡単レシピ. All Rights Reserved.