簡単レシピTOP ≫  安全食材下ごしらえ

安全食材下ごしらえ

野菜下ごしらえ

野菜の下ごしらえは、水洗い、したゆでが基本のようですが
それぞれ、野菜によって、下ごしらえの方法が違うようです!

■カリフラワーの下ごしらえ
カリフラワーの下ごしらえは、子房に分けます
塩と酢を加えた熱湯でゆでます(小さじ1づつ)

■ブロッコリーの下ごしらえ
ブロッコリーーの下ごしらえは、カリフラワーと同様に、子房に分けます
塩水でサッと洗い、有害物質、雑菌をとります
熱湯にサッと入れて軽く湯がきます
ブロッコリーの新鮮度は、全体が硬くしまり、こんもりした形を選ぶと良いと思います

■もやしの下ごしらえ
もやしの下ごしらえは、もやしを流水で洗ったら、湯がくのが良いそうです
その際に、酢を少々入れて湯がくのが良いと聞きます
なるべく、無漂白のものが良いそうです

■セロリの下ごしらえ
セロリの下ごしらえは、セロリは、農薬を沢山使用していると聞きます
病害虫で育たなくなるためだそうです
念入りにセロリの下ごしらえをする必要がありそうです
葉を切り落としてから、流水で、こすり洗いを万遍におこないます
適当な長さに切ったら酢(大1)を入れた水に3分程さらしておきます

■ごぼうの下ごしらえ
ごぼうの下ごしらえは、ごぼうをたわしを使い流水で満遍なく洗い、土を落とします
このことで、土についた有害物質が表皮下に浸透しているのを省きます
包丁の背で皮をそぎ落とします
ごぼうを千切り、(細かく刻む)など調理法に合わせて切ったら、酢水に15分から20分さらして、アクをとりましょう

■さといもの下ごしらえ
さといもの下ごしらえは、ドロを良く落とし、土についている
有害物質をおとしましょう
皮を剥いてから、塩をまぶした水でもみ洗いします
ドロが落ちて真っ白なサトイモを購入する際、漂白剤が使われている可能性もあるので、注意が必要です

■にんじんの下ごしらえ
にんじんの下ごしらえは、葉のへた部分は、葉に農薬が付いているので、へたにも残っている場合も有るので、気をつけて、カットしましょう
皮を剥く事で、安心して調理できます

■じゃがいもの下ごしらえ
じゃがいもの下ごしらえは、じゃがいもに付いている
土を落として土に含まれている有害物質を落とし、皮を剥きます
じゃが芋の芽は、必ず、取ってから調理するようにしましょう

■大根の下ごしらえ
大根の下ごしらえは、葉の部分に農薬が付いている事があるので
葉を落とした後、葉の付いていた部分を切り捨てたほうが良いと言われています
大根は、皮を剥く事で安心して調理が出来るようです

なす、かぼちゃ、きゅうり、オクラ、トマトの下ごしらえのページへ
ほうれん草、小松菜、春菊、キャベツ、白菜、レタス、大根の葉の下ごしらえのページへ
<スポンサードリンク>
季節の料理レシピ
 はなまるマーケット冷うどんレシピ
(サラダ冷やしうどん ジャジャ冷やしうどん カレーつけ麺冷やしうどん) 
mom_baby003.jpg簡単レシピが大好きな3人の男の子のママです。テレビで放送される簡単料理を、日常の食事にアレンジして楽しんでいます。男子4人の家庭なので、食費も悲鳴を上げている状態ですが、節約レシピ情報が助かっています♪
お問い合わせはこちらへ
lala77@auone.jp
Reference・Site Links
お取り寄せはぐるなび食市場で!
Copyright (C) 簡単レシピ. All Rights Reserved.