簡単レシピTOP ≫  食材の冷凍・保存法

食材の冷凍・保存法

日向夏ジャムの作り方

日向夏ジャムの作り方!!

宮崎出身の友達から、日向夏を沢山頂きました。
       
日向夏の食べ方を教えて貰いました!
夏が旬の日向夏は、色んなレシピにも応用できます!

日向夏はジャムは勿論、マーマレード、ドレッシングや醤油にも合います。



■日向夏ジャム作り方
1.日向夏の皮を剥き、一日水に浸しておきます。
2.水気を切り、皮を小さく刻んで5分位ほどゆでる
3.更に、もう一度、ゆでこぼして煮る
4.水を切り、皮と実を耐熱容器に入れる
5.砂糖を100g入れる。
6.その後、ラップをせずにレンジ強で6分加熱する
7.もう一度、約50gの砂糖を乗せ、今度は、軽くラップをして2分30秒電子レンジに入れる
8.透明感が出てきたら出来上がりとなります。


■日向夏の食べ方
そのまま食べる(黄色い外果皮は剥く)。
果汁を絞ってジュースにする。
果実をジャムにする。
皮を利用してマーマレードにする。
その他、外果皮を剥いた後に、ふかふかの白い皮を多く残すようにスライスし、
砂糖をかけて食べる。
ちょっと変わった食べ方に、刺身にし、醤油をつけて食べる
太巻きの中の具や餃子の具にする。
宮崎県発祥と言われるレタス巻きの具にも使用される。
一般的な柑橘類と同じく果実酒にする。

日向夏ジャムは宮崎のお土産として、日向夏ジャムが市販されてます。
日向夏ジャムを小さじ1杯入れ、お湯や冷水などで薄めてよく混ぜてお飲んだり、 パンは勿論ですが、ヨーグルトにいれても美味しく食べれます。酎ハイなどにも日向夏ジャムを入れてお洒落なカクテル風で楽しめますよ♪ 日向夏ジャムの賞味期限は、約6ヶ月位の物が多いようです。

『おすすめ』[産直宮崎県]プリンセス種無日向夏 赤秀14〜15玉

手頃な値段で購入できますね!

宮崎では、日向夏を使ったお土産品がとても多いですね!宮崎名物名産品とも言えますね

日向夏(ヒュウガナツ)の原産地は宮崎県と言うのは、とても有名になりました。
日向夏の発見は、宮崎市の真方安太郎さんの邸内で、1820年に偶発実生として発見されたそうです。

その頃の日向夏は、酸味が強く、食べる事は出来なかったそうですが、その後に広く栽培され始めたそうです。
ところで、偶発実生という事ですが、日向夏はユズが突然変異したものと考えられたそうです。
日向夏の果実は温州みかんよりやや大きく、6月頃に成熟します。
日向夏の表皮は黄色で厚みがあります。
果肉は、やはり、酸味があり甘さが控えめで独特の風味が強いです。
柑橘類で味が近い物に、グレープフルーツやレモンがあげられます。
表皮はウンシュウミカンに比べると、のっぺりしていて、でこぼこは無いです。
日向夏の特徴は、他の果実と違い、表皮における白い部分もそのまま食べられるので、皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで食べるほうがよいです。
この白い部分は、苦みや渋みはなく、フカフカした食感で、苦みや渋みはないです

<スポンサードリンク>
季節の料理レシピ
 はなまるマーケット冷うどんレシピ
(サラダ冷やしうどん ジャジャ冷やしうどん カレーつけ麺冷やしうどん) 
mom_baby003.jpg簡単レシピが大好きな3人の男の子のママです。テレビで放送される簡単料理を、日常の食事にアレンジして楽しんでいます。男子4人の家庭なので、食費も悲鳴を上げている状態ですが、節約レシピ情報が助かっています♪
お問い合わせはこちらへ
lala77@auone.jp
Reference・Site Links
お取り寄せはぐるなび食市場で!
Copyright (C) 簡単レシピ. All Rights Reserved.