簡単レシピTOP ≫  ウチゴハン簡単レシピ

ウチゴハン簡単レシピ

笠原将弘さんのおでんレシピ

江角マキコさん ウチゴハン〜 2012年1月23日放送
「笠原将弘さんのおでんレシピ」

寒い風をあびて帰る時は、おでんで一杯!やりたくなりますね。
一昔前は、駅前などに屋台のおでん屋さんがあったのですが、今は無くなりました。

家庭で食べるおでんも美味しいですが、具がマンネリ化してしまいます。
テレビでおなじみの和食料理店、賛否両論の笠原将弘さんがゲスト!

おでんの具となる本格エビしんじょうと、卵のもとなど伝授してくれましたね。

・おでんを作るポイントは、大根は一度下ゆでし、一旦冷まして蒸気を出す!
(水分が出ることで煮汁をぐっと吸収しやすくなるそうです)

・「卵のもと」の作り方をマスターすると、練り物などが、ふわふわに!
(ハンバーグやつくねなどにも使えて便利)

・おでんの黄金比率は、だし汁:しょうゆ:みりん=20:1:1。

・急いでいる場合は、煮汁をあん仕立てにしてかければ、しっかり味わえる!




■おでん料理レシピ
作り方

材料(4人分)

大根 1/3本・・皮をむき2cm幅位の厚さに輪切りにし、面取りし、両面に十字の切れ込みを入れる
手羽先 8本

エビ(ブラックタイガー) 13〜16尾・・包丁でミンチ状になるまで細かく叩く
(正味220g)
はんぺん 1枚(110g)・・手で握って潰す

(卵のもと)
卵黄 2個分
塩 小さじ1/4
サラダ油 40ml

片栗粉 大さじ1

水 2L
「ほんだし」 小さじ1
薄口しょうゆ 100ml
みりん 100ml

(おでんの好みの具)
ちくわ 2本
薩摩揚げ 2枚
コンニャク 1枚
結び昆布 4本
ゆで卵 4個

(だし汁あん)
おでんのだし汁 適量
水溶き片栗粉 適量

作り方
1.鍋に水をはり、大根を入れ、柔らかくなるまで下ゆでする。

2.下ゆでが終わったら一度取り出し、蒸気を出して一旦冷ましておく。

3.鶏の手羽先の骨の間に切れ目を入れ、大根をゆでていた鍋で手羽先もさっと霜降りし、取り出す。

4.ボウルに卵黄、塩を入れて泡だて器で混ぜる。

5.サラダ油をごく少量ずつ、よく混ぜながらゆっくり加えマヨネーズほどの硬さになるまでよく混ぜる。

6.海老、はんぺん、片栗粉を加えてよく練り合わせ、エビしんじょうを作る

7.鍋に、水・「ほんだし」、薄口しょうゆ、みりんを入れて沸かす

8.エビしんじょうをスプーンで一口大の団子にして入れる。

9.表面の色が変わったら、手羽先と好みの具材を入れて一煮立ちさせ、大根、ゆで卵を下の方に入れてさらに20分ほど煮込む。

10.だし汁を別の鍋にとり、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけてあんにする。おでんにかけて頂く。
<スポンサードリンク>
季節の料理レシピ
 はなまるマーケット冷うどんレシピ
(サラダ冷やしうどん ジャジャ冷やしうどん カレーつけ麺冷やしうどん) 
mom_baby003.jpg簡単レシピが大好きな3人の男の子のママです。テレビで放送される簡単料理を、日常の食事にアレンジして楽しんでいます。男子4人の家庭なので、食費も悲鳴を上げている状態ですが、節約レシピ情報が助かっています♪
お問い合わせはこちらへ
lala77@auone.jp
Reference・Site Links
お取り寄せはぐるなび食市場で!
Copyright (C) 簡単レシピ. All Rights Reserved.